セルノート 副作用

セルノートの使うことで起きる副作用って?

セルノートの副作用は?

塗るだけで手軽にバストアップができると話題になっているバストアップジェル「セルノート」ですが、効果があると心配になるのが副作用ですね。

 

お薬を飲む場合でも効果と副作用は表裏一体になっているので、バストアップにセルノートが効くと聞いて副作用が心配になるのも当然です。

 

肌に直接塗るものですし、安心して使いたいですよね。

 

セルノートに含まれている成分から副作用の心配があるのかチェックしてみたいと思います! 

 

セルノートの特徴は?

塗るだけでバストアップ効果があるというセルノートですが、その特徴は次の3つ。

 

  • 結果を出すことにこだわり何度もテストを重ねた絶妙の配合バランス
  • 成分が必要なところに届く独自の浸透ケア技術
  • 直接肌に触れるものだから安心安全の品質管理

 

バストへの効果を追求しながら肌にも優しいといった成分バランスはとても難しいらしいのですが、セルノートは何度も試作テストを繰り返し贅沢な原料も惜しみなく使うことによって理想のバランスに辿り着いたそうです。

 

その結果モニター95%の満足度、100名以上のモニター体験でも肌への影響は見られなかったという結果に。

 

雑誌やさまざまなメディアでも紹介される今注目度ナンバー1のバストアップジェルなんですね!

セルノートの心配な副作用は?

セルノートの主有効成分はボルフィリンという脂肪細胞のボリュームを増加させる働きのある成分です。

 

これはフランスで特許を取得している今バストアップ業界で注目の成分なのですが、女性ホルモンに働きかけるのではなく塗った部分だけに脂肪を増殖させることができるという成分です。

 

今までのバストアップの主流はプエラリアによるもので、プエラリアは女性ホルモンに影響を与えるので健康被害が心配されていましたが、ボルフィリンは作用の仕方も全く違い、今のところ健康被害の報告もありませんので安心して使用することができます。

 

また、セルノートにもプエラリアが配合されているのですが、主成分はボルフィリン中心なのでプエラリアは少量であること、また、健康食品ではなく体内に取り込まない肌に塗るタイプなのでプエラリアによる健康被害は考えられないということです。

 

セルノートの公式サイトに全成分が記載されていますが、バストアップに加えさまざまな美肌や美容に有効な成分が配合されています。

 

その中に特に副作用の報告がされている成分は含まれていません。

 

稀にアロエベラでアレルギー反応によるかぶれや湿疹を起こすケースがあるようですが、確率的には低いのでそう心配はありません。

 

肌が敏感な方やアレルギー体質の方など心配な場合はパッチテストをしてからご使用下さい。

セルノートの副作用についてのまとめ

セルノートには副作用の心配されるプエラリラが配合されていますが、主有効成分はボルフィリンを中心に配合されており、また、飲み込んで体内に取り込むものではないので安心して使用することができます。

 

ボルフィリンは女性ホルモンには作用せず、データも豊富で安心できる成分だとされています。

 

特定の成分にアレルギー反応を持っていない限り安心して使えるバストアップジェルのようですね。

 

セルノートの全成分や詳しい効果は公式サイトに詳細が記載されていますので、そちらでお確かめください。

 

>>セルノートの最安値はこちら